足の爪のトラブルに関するよくある症状

シェアする

足の爪のトラブルに関するよくある症状

足の爪のトラブルに関するよくあるQ&Aと症状を一覧で紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

足の爪のトラブル

足の爪のトラブル
足の爪のトラブルは、見た目にも身体にも悪影響を及ぼします。爪は身体のバロメーターと言われることも多いです。爪が発する危険信号をいち早く察知するためによくある足のトラブルと症状を理解しておきましょうね。

巻き爪

巻き爪は足の指の爪が内側に巻き込んでしまう症状を指します。症状が軽い軽度の巻き爪から重度の巻き爪まで日本人の10人に1人が巻き爪になっていると言われています。両親の遺伝が関係している、サイズが合わない靴を履き続ける、足の指に過剰な負荷がかかる仕事や運動、足を酷使しすぎていることが原因といわれるケースもありますが、オフィスワークや寝たきりの老人などが巻き爪になりやすいという説もあります。健康的な生活を送り定期的な爪のチェックと深爪をしない予防で巻き爪の発生率を低くすることができます。

陥入爪

巻き爪になった方が巻き爪を治そうとして深爪をすると、陥入爪になるリスクが高まります。陥入爪は、深爪が原因で爪が皮膚に入り込んだ状態になり激しい激痛や腫れを引き起こします。多くの場合、巻き爪と陥入爪を併発しています。症状がさらに悪化すると出血や化膿につながり病院でないと治療ができなくなります。

爪水虫

爪水虫は、皮膚にできる水虫と同じ白癬菌(はくせんきん)が原因となります。特に親指に発症しやすく、指の間にできる水虫菌と同時に併発するケースが大半です。爪水虫は皮膚の水虫と比較すると他人に感染しやすく、早期対策が必要となります。爪水虫は爪にできる水虫なので、通常の水虫薬だと効果が薄いです。ネイルをする女性必見! 巻き爪と同じぐらい怖い「爪水虫」という記事で紹介しているクリアネイルという薬がおすすめです。参考にしてみてくださいね!

まとめ

足の爪のトラブルに多いよくある症状を紹介しました。ここで紹介した爪のトラブルはすぐに対処しないといけません。足の爪がでこぼこになってしまうなどの異常を感じた場合の対処方法という記事で紹介している症状には緊急性がありません。気になる方はチェック。
巻き爪と陥入爪は、早期対策がおすすめです。悪化しすぎてしまうと病院に通わなければいけなくなります。軽い巻き爪の方は「巻き爪ブロック」重度の巻き爪には「巻き爪ロボ」と「巻き爪ブロック」の合わせ技で解決しましょう。まずは当サイトおすすめの巻き爪グッズをチェック♪