巻き爪・陥入爪などの爪トラブルを起こす人の特徴とは

シェアする

巻き爪・陥入爪などの爪トラブルを起こす人の特徴とは

巻き爪や陥入爪などの爪トラブルは巻き爪などの足のトラブルを起こす代表的な原因とはの記事で詳しくご紹介している通り、遺伝が関係していたり、靴のサイズが合っていなかったり、体重が重すぎだったりと様々な原因で引き起こされます。では、巻き爪や陥入爪などの爪トラブルを起こしやすい人はどんな特徴があるのでしょうか?そこで今回は爪トラブルを起こしやすい人の特徴を3つご紹介します。

巻き爪や陥入爪などの爪トラブルを起こす人の3つ特徴

巻き爪や陥入爪などの爪トラブルを起こす人の3つ特徴

ヒールやパンプスなど爪先が狭い靴をよく履いている

この特徴は女性に限りますが、ヒールやパンプスなど爪先で体の体重を支えるような靴をよく履いている人は巻き爪や陥入爪などの爪トラブルを起こしやすいです。ヒールやパンプスは爪先が尖っているものが多く、足の指先や爪が靴に当ってしまいます。それによって爪が圧迫され、爪にかかる負担が大きくなるので爪の形が変形したり、巻き爪・陥入爪になりやすいのです。軽度の巻き爪に悪影響を及ぼす3つの悪習慣!今すぐ改善!の記事でもご紹介していますが、毎日ヒールの高い靴を履いている人は休足日を作るようにしましょう。スニーカーを履くか、夏の季節はサンダルを履いて爪先に負担をかけずに過ごすようにすると予防ができます。
ショップ店員など高いヒールを履いて長時間立っている仕事の方は特に要注意です。

立ち仕事の女性におすすめの巻き爪矯正器具は巻き爪ブロックです。その理由を今すぐチェック!

体質的に爪が柔らかくて弱い

遺伝的に爪が薄いために柔らかくて弱い人は巻き爪や陥入爪になりやすいです。先ほどご紹介したヒールやパンプスなどで爪先に多くな負担がかかったときに爪が薄い人だと爪が変形したり、皮膚に食い込みやすくなるので巻き爪や陥入爪になる可能性が高いです。遺伝的に爪が薄いという方でも栄養不足による体調不良も巻き爪を悪化させる理由のひとつ!の記事でご紹介したように爪はタンパク質で出来ているので、意識してタンパク質を摂るようにし、栄養バランスの取った食事を心がけるようにしましょう。

面倒くさがり

面倒くさがりの性格の人は巻き爪や陥入爪になりやすいです。そういう人は巻き爪であると分かったとしても、病院に行くのが面倒だからという理由で治療することなく放置してしまうのです。軽度の巻き爪だったものが気づいた時には痛みを伴う重度の巻き爪や陥入爪になっているという場合もあります。めんどくさがる人は爪トラブルを引き起こしやすいので十分注意しましょう。

手軽で簡単に巻き爪を治療するなら「巻き爪ブロック」

巻き爪ブロックは面倒くさがりの人でも手軽で簡単に巻き爪を治療することができるので始めやすいです。また、巻き爪矯正キットで女性から巻き爪ブロックが選ばれる理由の記事でもご紹介した通り、デザインがシンプルでおしゃれだったり、使い方が簡単だったり、値段が安かったりと女性に限らず男性でも嬉しい巻き爪矯正グッズです。巻き爪だと気づいたらすぐに手軽で簡単に巻き爪治療をすることができる「巻き爪ブロック」をおすすめします。

公式サイトで購入する

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は巻き爪・陥入爪などの爪トラブルを起こす人の特徴についてご紹介しました。爪のトラブルや巻き爪の悩みを巻き爪ラボの情報で解消してください♪ 当サイトでおすすめしている自宅で自分で出来る巻き爪矯正「巻き爪ブロック」も今すぐチェック!