巻き爪治療って保険が適用されるの?

シェアする

巻き爪治療って保険が適用されるの?

巻き爪治療は保険が適用されるケースと適用されないケースがあります。巻き爪が気になり深爪をしていると陥入爪を併発してしまい、悪化しすぎてしまうと出血や炎症を引き起こしてしまいます。特に足の爪が痛むと日常生活に支障をきたしてしまうので注意が必要です。ここでは、巻き爪治療で病院に行かなければいけなくなったときに役立つ「保険適用」についての豆知識を紹介します♪

巻き爪治療に保険が適用されるケースとは

巻き爪治療に保険が適用されるケースとは
巻き爪治療に保険が適用されるケースは、「皮膚に何らかの施術を施すか?」という点が重要となってきます。爪自体は皮膚の一部とみなされないため、爪のみに何らかの施術を行う場合は保険が適用されません。皮膚に出血を伴うような巻き爪の場合は、皮膚への施術も必要とみなされるケースが多く保険が適用されます

水虫と一緒に巻き爪を診てもらったら保険が適用されるの?

水虫は、飲み薬などを処方してもらえば保険が適用されます。しかし、巻き爪と一緒に水虫を診てもらったら保険が適用されるかはケースバイケースと言わざるを得ません。
水虫が原因で巻き爪になっていると判断されるようなケースは保険適用される可能性が高いです。

水虫が原因で保険が適用されるのはごくまれなケースです。

足のトラブル「爪水虫」についての記事はこちら:

巻き爪と同じぐらい怖い「爪水虫」ができる原因と対策法を紹介しています。今すぐチェック!

巻き爪の手術は保険が適用される

巻き爪の手術は保険が適用される
巻き爪の手術は保険が適用されます。巻き爪の手術は、患部に麻酔を打ち、爪母と呼ばれる爪の生えてくるところを除去する方法が大半のため、保険が適用されます。一般的に巻き爪の治療にかかるお金は、8,000円〜15,000円程度です。交通費や初診料・アフターケアも含めて3万円程度の出費を予定しておきましょう

巻き爪治療に保険が適用されないケース

巻き爪専門クリニックや形成外科で施される、ワイヤー治療のマチワイヤー法、マチプレート法、アクリルガター法、VHO法などの矯正治療は爪自体に施術を施すため、保険適用外となります
巻き爪手術も巻き爪治療もかかる費用に大きな差はありません。大切なことは、病院や巻き爪専門クリニックに通院しなければいけなくなるぐらいまで巻き爪を放置しておかずに、早めの予防対策をするということ。陥入爪のような痛みを伴う巻き爪になる前の軽い症状の巻き爪のときに治療しておくことは、お金や手間がかからずとてもおすすめです。

巻き爪ブロックとは

巻き爪ブロック
巻き爪を治すためにおすすめの矯正グッズがあります。それが「巻き爪ブロック」。巻き爪ブロックは、自分で手軽に自宅で出来る奇跡の巻き爪治療器具です。当然、医療器具として認定を受けているため安心・安全に使うことができ効果も期待することができます。巻き爪ブロックは3,000円から始めることが出来るセルフ爪ケアグッズ。プロの施術に勝るとも劣りません。また、巻き爪治療なら巻き爪ブロックを選ぶべき3つの理由の記事でご紹介している通り、コスパがよく、サイズと強度が選べるので自分に合ったものを選べます。病院に通う費用を考えると巻き爪ブロックで早期予防をすることをおすすめします。まずは、公式サイトをチェックしてみましょう♪

公式サイトで購入する