足の爪がでこぼこになってしまうなどの異常を感じた場合の対処方法

シェアする

足の爪がでこぼこになってしまうなどの異常を感じた場合の対処方法

爪は身体の中でも健康状態などが出やすい部位のひとつです。女性ならネイルなどをして見た目も気にする部位です。巻き爪で悩む人が多いですが、巻き爪でない人も足の爪をしっかりと見たら”でこぼこ”になっているケースがあります。この情報を調べている人は、でこぼこの原因がどのようなもので、身体に異常をきたしているのかが気になると思います。ここでは、足の爪が”でこぼこ”になってしま原因と対処法を紹介します。

足は健康のバロメーター!

足は健康のバロメーター!
足の爪に黒い横線や縦線、でこぼこが入っていると不安になりますよね。巻き爪ラボ編集部のスタッフも足ではないですが、手の爪に1mm程度の黒い縦線が入っていて身体に異常をきたしていた時期があります。もしかして、ガンなのか? と心配になったこともあります。爪を切ったら黒い縦線が消えてその後復活することはありませんでした。爪の黒い縦線は老化が原因と考えられています。あまり心配する必要はないと言われています。

足の爪がでこぼこになってしまう原因

足の爪がでこぼこになってしまう原因
足や手の爪は、タンパク質で成り立っています。足の爪が横線や縦線が入る・でこぼこになる原因は、生活習慣や食生活の乱れからくる”栄養不足”などが関係しているケースが多いです。また、ストレスを強く感じやすい人も爪に異常が発生しやすいです。爪に異常を感じたら、まず生活リズムを見直して栄養バランスが整った食事と良質な睡眠を心がけてください。生活を見直して1ヶ月程度経過しても異常が改善されない場合は、皮膚科や専門のクリニックに相談することもおすすめです。(何らかの病気にかかっているケースもあります。)足の爪が白く濁っている場合は、爪水虫の可能性が高いです。爪水虫に関してはネイルをする女性必見! 巻き爪と同じぐらい怖い「爪水虫」という記事で原因と対処法を紹介します。合わせてご覧ください。

爪のでこぼこが気になる方は、爪の表面をバッファーで削ったあとシャイナーをかけてキレイにするのもひとつの手です。足や手の指は見た目を左右する大切な部位です。爪は年齢を重ねてステキな人間になっていくと硬くなる傾向にあります。肌のターンーバーの周期が遅くなったり、傷の治りが遅くなるのと同じ原理です。

まとめ

足の爪がでこぼこになってしまうなどの異常を感じた場合の原因と対処方法を紹介しました。まずは生活リズムを見直すようにしましょう。爪のケアを怠ると爪水虫や巻き爪の原因にもなりかねません。まずは正しい知識を身につけてあなたの爪を大事にしましょうね♪爪のトラブルや巻き爪の悩みを巻き爪ラボの情報で解消してください♪ また、当サイトでおすすめしている自宅で自分で出来る巻き爪矯正「巻き爪ブロック」もおすすめです。今すぐチェック!