巻き爪になったら皮膚科と巻き爪専門治療院のどっちがいいの?

シェアする

巻き爪になったら皮膚科と巻き爪専門治療院のどっちがいいの?

巻き爪などの足のトラブルを起こす代表的な原因とはの記事でご紹介した通り、巻き爪は様々なことが原因で起こります。巻き爪になる前に予防しておくことがとても大切ですが、気づいたら痛みを伴うほどの症状になってしまっていた時は病院に行こうと考えますよね。このように巻き爪を治そうと思ったらまず思い浮かぶのが病院。でもいったい何科にかかったら良いんだろうと思う方も多いと思います。ここでは、皮膚科と巻き爪専門治療院どちらがいいのかをご紹介します。

皮膚科の先生と巻き爪専門医の違い

皮膚科の先生と巻き爪専門医の違い
皮膚科の先生と巻き爪専門医の一番の違いは、専門性があるかないかです。皮膚科の先生は、皮膚の病気に全般的に精通している方が大半で、巻き爪についての知識はあったとしても最も最適な治療法を知っているとは限りません。一方で巻き爪専門医は、巻き爪を治すことに特化した医者で、専門知識は皮膚科の先生よりも豊富です。

重度の巻き爪の治療には爪専門治療院に行こう

重度の巻き爪の治療には爪専門治療院に行こう
激痛や化膿・出血を伴うレベルの巻き爪(陥入爪にまで発展)は、皮膚科の先生より巻き爪専門医が常駐している巻き爪クリニックに通院することをおすすめします。専門性の高い爪専門治療院に行くほうが最適な治療法を施してくれますし、安心して治療することができます。痛みを伴わない治療法も提案してくれますよ。爪は身体の中でも歩くことと連動する大切な部位で、日常生活に支障をきたしますので専門の先生に改善してもらうことがベストです。ただ、爪専門治療院に通うデメリットは、わざわざ来訪しなければならない手間と高い治療費です。忙しく働く社会人の方や子育てや家事で忙しい主婦の方は少しハードルが高いですよね。そこでおすすめなのが当サイトでご紹介している爪矯正グッズです。

軽度の巻き爪治療の場合は巻き爪矯正グッズがおすすめ

軽度の巻き爪は皮膚科の先生に相談しなくても当サイトで紹介している巻き爪矯正グッズなどで、自分で治療することが可能です。爪が肉に食い込むほどの巻き爪ではない軽度の症状の場合は「巻き爪ブロック」がおすすめ。巻き爪ブロックは強力なバネを利用して巻き爪を矯正する痛みを伴わない矯正グッズです。一人でも簡単に装着することができ、価格も3,000円〜とかなりお手頃価格です。忙しい社会人や主婦の方でもあまり時間とコストを掛けずに手軽に治療することができるのでハードルは低いです。皮膚科や巻き爪専門治療院にかかる前にまず、この「巻き爪ブロック」で巻き爪を治してみましょう♪

公式サイトで購入する

まとめ

いかがだったでしょうか。巻き爪専門医がいるクリニックに通院すれば、ワイヤーで改善したりテーピングで治すことをおすすめされます。あまりにも重度の巻き爪の場合は、麻酔をして爪の摘出手術なども検討することになると思います。まずはお近くの専門クリニックに相談しましょう。関東だと神楽坂にある「肌と爪のクリニック」や中目黒にある巻き爪矯正のながい接骨院などがおすすめです。また、病院やクリニックに相談するほどではないけど、巻き爪が気になるという方は当サイトで紹介しているおすすめの巻き爪医療器具である「巻き爪ブロック」や「巻き爪ロボ」を使ってみてくださいね!