乾燥が原因で起こる足の爪トラブルとは?

シェアする

生まれながら丸爪の人が矯正せずに足のトラブルを避ける方法

当サイトでは巻き爪、陥入爪、肥厚爪など様々な足の爪トラブルについてご紹介してきました。どの爪トラブルにおいても原因は様々です。例えば巻き爪の場合、原因となるのは「足のサイズに合っていない靴を履いている」、「深爪にしている」、「高いヒールを履いている」などが挙げられます。巻き爪に関しては直接原因となりませんが乾燥が原因で起こる足の爪トラブルがあります。そこで今回は乾燥が原因で起こる足の爪トラブルについてご紹介します。

爪が乾燥する3つの原因

爪が乾燥する3つの原因

栄養不足

爪の主成分はタンパク質であり、爪は体が健康的かどうかを判断するバロメーターでもあります。栄養が足りていないと髪の毛が乾燥するように爪も栄養が足りていないと乾燥してしまいます。巻き爪に効く栄養成分は?巻き爪予防は内側からのケアが大切の記事でご紹介した通り、タンパク質・ミネラル・ビタミンをまんべんなく摂取するようにしましょう。特に爪の代謝を促進する働きを持つ「亜鉛」は重要な栄養素です。亜鉛が存在することで正常に細胞が作られ成長する事ができますが、亜鉛がないと上手く爪が成長できず乾燥した状態や変形してしまうのです。

洗剤や石鹸

洗剤や石鹸を1日のうちに何度も使用していると乾燥の原因になります。水や洗剤を使用し過ぎると手が荒れるだけでなく爪も余分な脂質が流されてしまうので乾燥しやすくなるのです。そのため洗剤を使う時は手袋をするか、洗剤を薄めたり天然素材の洗剤を使用することをおすすめします。

除光液

また女性に多くみられる爪が乾燥する原因として、除光液があります。ネイルを剥がすときに使用する液体ですがネイルを剥がす時、ネイルと一緒に爪の油分や水分までもが取り除かれ、爪が乾燥してしまうのです。除光液を使用したあとはハンドクリームを塗るなどして乾燥を防ぐようにしましょう。

乾燥が原因で起こる足の爪トラブルとは?

乾燥が原因で起こる足の爪トラブルとは?
乾燥が原因で起こる足の爪トラブルはどんなものがあるでしょうか?

  • 爪のたてじわ……縦に線が入った爪のことで、加齢や乾燥が原因で起こる。
  • 爪のヒビ割れ……爪が割れたり、ヒビが入ったりする症状で、栄養不足、乾燥によって起こる。
  • 二枚爪……爪が薄くなって剥がれてしまう症状で、外部からの過度な刺激(圧力)や乾燥によって起こる。

これらの足の爪トラブルは乾燥が原因で起こります。特に二枚爪は乾燥が原因でなる事が多く、爪の油分や水分を保つことが大切です。

ネイルをする人なら気をつけておくべき爪水虫についての記事はこちら

巻き爪と同じぐらい怖い「爪水虫」ができる原因と対策法を紹介しています。今すぐチェック!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は乾燥が原因で起こる足の爪トラブルについてご紹介しました。肌の乾燥が肌荒れの原因になるように、爪の乾燥も爪のトラブルを引き起こします。早く治せば病院に行かなくても治るトラブルです。爪のトラブルや巻き爪の悩みを巻き爪ラボの情報で解消してください♪ また、当サイトでおすすめしている自宅で自分で出来る巻き爪矯正「巻き爪ブロック」もおすすめです。今すぐチェック!

公式サイトで購入する