肉芽ができた巻き爪を対処したい時にもっとも適切な方法

シェアする

肉芽ができた巻き爪を対処したい時にもっとも適切な方法

巻き爪は遺伝や、深爪、歩き方など様々な原因で引き起こる足の爪トラブルの一つです。痛みのない軽度の症状から、痛みや腫れを伴う重度の症状まで幅広く、巻き爪になってから放っておくと悪化する一方です。足の爪のトラブルに関するよくある症状の記事でもご紹介した通り、巻き爪が悪化すると爪が皮膚に食い込む陥入爪になったり、肉芽ができたりして、出血をともなう酷い症状になることもあるのです。そうなる前に早期の対策が必要なのですが、もし肉芽ができてしまった時適切な対処法はどのようなものがあるのでしょうか?そこで今回は肉芽ができた巻き爪を対処したいときに最も適切な方法についてご紹介します。

肉芽ができる原因は何?

肉芽ができる原因は何?
肉が盛り上がった状態の肉芽ができてしまう原因は、巻き爪です。爪が皮膚に食い込んだ状態を放置しておくと、食い込んだ場所に傷ができ、傷口から細菌が繁殖して炎症を起こし赤く腫れます。この肉芽を放っておくとさらにひどい状態になり、グジュグジュに膿んでしまったり、出血したりとかなり痛みが出てきます。

肉芽ができた巻き爪のもっとも適切な治療の仕方

肉芽ができた時のもっとも適切な治療法は、病院で診てもらい治療してもらうことです。肉芽のようなひどい症状になっている人は専門の力を借りたほうが早く治ります。病院の専門科のなかでも、まずは皮膚科で診てもらうようにしましょう。爪は皮膚が進化したものなので皮膚科がベストです。また、クエン酸を使った方法もあります。クエン酸を肉芽にかけることによって皮膚の中に繁殖している細菌を消滅させる効果があるので、肉芽を取り除くことができるのです。ただし、想像がつくと思いますが傷口にクエン酸をかけるので傷口がしみて激しい痛みを伴います。

クエン酸を使った方法は肉芽の細菌を消滅することが出来ても、完全に消滅させられずに再発する可能性があります。また、この方法は巻き爪を治す方法ではないのであまりおすすめはしません。

最も大切なことは肉芽を伴う巻き爪になる前に早めに対処することが大切です。当サイトがおすすめする「巻き爪ブロック」は巻き爪ブロックは軽度の巻き爪治療に最適!の記事でご紹介している通り、軽度の巻き爪の状態のときにかなり有効な治療法です。

公式サイトで購入する

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は肉芽ができた巻き爪を対処したい時にもっとも適切な方法についてご紹介しました。巻き爪は酷くなるととても恐ろしい症状になりやすいです。肉腫になる前にまず巻き爪を早いうちに治しておくことが大切です。またも巻き爪で悩んでいる人はまず病院に行って治療してから、巻き爪を治すようにしましょう。爪のトラブルや巻き爪の悩みを巻き爪ラボの情報で解消してください♪ また、当サイトでおすすめしている自宅で自分で出来る巻き爪矯正「巻き爪ブロック」もおすすめです。今すぐチェック!
正しい歩き方を理解することも巻き爪を悪化させないために重要です。

早期の巻き爪予防はとても大切です。40代になってもキレイな爪でいられるために巻き爪にならない歩き方を理解しましょう。今すぐチェック!