巻き爪予防で重視したい大切な靴選びの3つのポイント

シェアする

巻き爪予防で重視したい大切な靴選びの3つのポイント

巻き爪は、立ち仕事、太り過ぎ、サイズが合わない靴を履いている、遺伝、爪に大きな負荷がかかり続ける仕事をしている、など。これらに該当する人がもっとも巻き爪になる可能性が高いと言われています。軽度の巻き爪を気にしている人も含めると日本人女性の10人に1人が巻き爪の悩みを抱えています。当サイトでは、様々な巻き爪予防の情報を紹介していますが、自身の足に合ったサイズの靴選びも大切です。ここでは、巻き爪予防で重視したい大切な靴選びの3つのポイントを紹介します。

靴選びの3つのポイント

靴選びの3つのポイント
靴のサイズが足に合っているというのが大前提ですよ!

なるべく通気性の良い靴を選ぶ

通気性が良い靴は、熱気がこもらずに雑菌の発生を抑え水虫などの足のトラブルを防ぐことにもつながります。巻き爪は爪のトラブルですが、足のケアも大切と言えます。

合皮より本革の方が通気性が良いため、靴の素材だったらなるべく本革を選ぶようにすると良いでしょう!

ヒールの高さはほどほどに

ビジネスでもプライベートでも女性らしさを演出するためのシューズとして「ヒール」は欠かせない存在です。しかし、レースクイーンがなりやすい足の爪トラブルは巻き爪が多いという記事でも紹介している通り、ヒールはつま先に大きな負荷がかかります。ヒールの高さをほどほどにしておくと足の負荷を減らすことができます。外回りでヒールをビシっと履いている女性は、内勤の日はぺたんこのパンプスやスニーカーで出勤して足をいたわるのもおすすめの巻き爪予防と言えます。

シューフィッターにサイズを確認する

シューフィッターが在籍している店舗で靴を選ぶことも重要です。自分では靴のサイズが合っていると思っても、実は靴が合っていなく爪に大きな負荷がかかっているケースがあります。また、サイズが合っていない靴は骨盤や体のゆがみにつながるケースもあります。気をつけるようにしましょう。
自宅で手軽に巻き爪予防ができる巻き爪ブロックもおすすめです。まずは、情報をチェック!

ネット上でも評価・評判が良い巻き爪ブロックの口コミ効果に関するよくあるQ&Aを紹介しています。今すぐチェック!

まとめ

いかがだったでしょうか。巻き爪予防で重視したい大切な靴選びの3つのポイントを紹介しました。ここで紹介した情報が巻き爪予防をしようと思っている方の参考になれば幸いです。今すぐ治さないといけないワケではないけど、日常生活を送る中で巻き爪が気になるという時は巻き爪ブロックを活用してみてください。巻き爪ブロックは、自宅で自分で出来る巻き爪矯正器具です。爪の悩みや問題を解消するきっかけのひとつとなります。