巻き爪に効く栄養成分は?巻き爪予防は内側からのケアが大切

シェアする

巻き爪に効く栄養成分は?巻き爪予防は内側からのケアが大切

巻き爪は巻き爪などの足のトラブルを起こす代表的な原因とはの記事でご紹介している通り、外的な要因で巻き爪になることが多いです。長時間立ちっぱなしの仕事やレースクイーンなど高いヒールを履く必要のある仕事に携わっている人は足に大きな負担をかけるため巻き爪になりやすいです。巻き爪予防として自分の足のサイズにあった靴の選び方正しい歩き方巻き爪ブロックをご紹介しました。巻き爪にならないためにはこれらの外側からのケアだけでなく内側からのケアもとても大切です。そこで今回は巻き爪に効く栄誉成分についてご紹介します。

巻き爪に効く栄養成分

巻き爪に効く栄養成分
爪は皮膚が進化してできたもので、足の爪は体全体を支えたり足を保護したりする役割を持っています。そんな爪の主成分はタンパク質です。爪を構成する成分が不足してしまうと巻き爪が引き起こり、悪化する原因になります。そのため、巻き爪の予防には巻き爪に効く栄養分を摂取する必要があります。巻き爪に効く栄養分は大きく分けて3つ。「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」です。これらの栄養分をバランスよく摂取すれば爪の健康を保つことができます。

タンパク質

 
爪の主成分でもあるタンパク質は動物性タンパク質と植物性タンパク質の2種類あります。動物性タンパク質は弾力性のある爪を作り、主な食材として牛肉、豚肉、鶏肉、魚、卵、乳製品などがあります。植物性タンパク質は丈夫な爪を作り、大豆、ナッツ類、木の実、きのこなどがあります。動物性も植物性もどちらもバランスよく摂取することが大切です。また、動物性タンパク質では脂身の多い部分ではなくタンパク質が詰まった赤み部分を積極的に食べるとより効果的です。

ビタミン

美肌を作る成分でもあるビタミンは水に溶けやすい水溶性ビタミンと油に溶けやすい脂溶性ビタミンの2種類あります。水溶性ビタミンは水に溶けやすく熱に弱いのが特徴で、爪に効くものはビタミンB群、ビタミンCです。これらのビタミンを摂取するときは食材を素早く洗って生で食べるとよいでしょう。脂溶性ビタミンは油に溶けやすく熱にも比較的強いのが特徴で、爪に効くものはビタミンA、ビタミンD、ビタミンKです。これらのビタミンを摂取する時は肉や魚など油と一緒に炒めて食べると吸収されやすいのでおすすめです。それぞれのビタミンについての詳しい効果は痛みが少ない軽度の巻き爪に効果的なサプリメントとは?の記事でご紹介しているのでご覧ください。

ミネラル

ミネラルは丈夫な爪を作る役割を持ちます。巻き爪に効くミネラルは主に3つで、亜鉛、鉄分、マグネシウムです。亜鉛は爪の代謝を促進し、鉄分は健康的な爪を作り、マグネシウムは爪を作るのに必要な栄養素です。亜鉛は牡蠣、かぼちゃなどに多く含まれています。鉄分はレバーやひじきなどに多く含まれており、マグネシウムは豆腐やわかめなどに多く含まれています。これらの食材をしっかりとると健康的で丈夫な爪ができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は巻き爪に効く栄養成分についてご紹介しました。巻き爪治療には外側からのケアだけでなく内側からのケアも大切です。爪にいいからと言って、どれか栄養成分を摂り過ぎるのではなく栄養バランスの良い食事を心がけましょう。また食事では摂りにくい栄養成分はサプリメントで補うのもひとつの手です。爪のトラブルや巻き爪の悩みを巻き爪ラボの情報で解消してください♪ また、当サイトでおすすめしている自宅で自分で出来る巻き爪矯正「巻き爪ブロック」もおすすめです。今すぐチェック!

公式サイトで購入する