警備員が軽度の巻き爪を治すには生活習慣の改善が必要!

シェアする

警備員が軽度の巻き爪を治すには生活習慣の改善が必要!

ショッピングセンターや工事現場などで人や車の誘導を行い、施設や人の警備を行うことが仕事の警備員。警備員の仕事は基本、勤務中はほぼ立ちっぱなしのため立ち仕事の女性におすすめの巻き爪矯正なら巻き爪ブロックという記事でご紹介している通り、足への負担が大きいです。立ち仕事である警備員は巻き爪になりやすいのです。では巻き爪になったときのどのようにして治せばよいのでしょうか?そこで今回は警備員が軽度の巻き爪を治すための方法をご紹介します。

巻き爪の治療には生活習慣の改善が必要

巻き爪の治療には生活習慣の改善が必要
巻き爪のを治す方法は様々あります。テーピング法コットンパッキング法など自分で治療する方法もあれば、皮膚科や巻き爪専門クリニックなどに通って治療する方法もあります。しかしこれらの治療法は毎日やらなければならなくて面倒になったり、わざわざ病院に行くのが大変だったりして続かない人も多いです。仕事が忙しかったり、面倒くさがりの警備員の方は特に何かを使って巻き爪を治す前にまず、普段の生活習慣を見なおしてみることが必要です。
皮膚科と専門クリニックとではどちらに診てもらえばよいのでしょうか?

皮膚科と巻き爪専門治療院のどっちが巻き爪治療に効果的なのかを紹介します。

バランスの悪い立ち方を正そう

普段仕事でずっと立っている警備員の方はまず、立ち方を見直してみましょう。巻き爪を治すにはカラダのバランスを整えることも大切!の記事でもご紹介した通り、片足に重心を置いて立つ癖があったり、猫背で立っていたりすると足への負担に偏りが生じ、片方だけが巻き爪になったり、両足巻き爪になったりします。背筋を伸ばし、少し腹筋に力を入れてしっかり両足で立つように心がけましょう!
立ち方だけではなく歩き方も巻き爪の原因になります。正しい歩き方を理解しましょう。

早期の巻き爪予防はとても大切です。40代になってもキレイな爪でいられるために巻き爪にならない歩き方を理解しましょう。今すぐチェック!

足のサイズに合った靴を履こう

サイズの大きい靴を履いていると靴の中で足が動きやすくなり、足先に力を入れたまま歩くことになり、逆に小さすぎる靴を履いても足先が圧迫され足への負担が大きくなります。そのため足のサイズにあった靴を履くことは足への負担を軽減させ、結果的に巻き爪の改善に繋がるのです。

靴のサイズが大きい場合はインソールで調整するのもよいでしょう。

深爪はやめよう

痛みを和らげようと深爪に切ることは、一時的に巻き爪が治ったと感じますが実は悪化させています。深爪にすると伸びてきたときにさらに巻きやすくなったり、肉に食い込みやすくなって、巻き爪がひどくなるのです。そのため深爪は絶対にやめましょう。爪の切り方は爪を四角に切るスクエアカットがおすすめです。

巻き爪治療には巻き爪ブロックがおすすめ

巻き爪治療には巻き爪ブロックがおすすめ
軽度の巻き爪に悩む警備員の方はまずは生活習慣の見直しと改善を行うことが大切です。またそれと同時に巻き爪の治療としておすすめなのが「巻き爪ブロック」。巻き爪ブロックはとても簡単に自分で装着することができ、日中ずっと立っていても違和感なく利用することができる巻き爪矯正グッズです。見た目はおしゃれでスタイリッシュなデザインで、シンプルな形なので巻き爪ブロックを装着した状態でも靴下を履くことができ、4ヶ月連続利用していても、矯正力が衰えることのない工業用の丈夫なバネを使用しているので安心して使うことができますよ♪

公式サイトで購入する

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は警備員が軽度の巻き爪を治すための方法をご紹介しました。巻き爪の治療法は様々ありますが、まずは生活習慣から改善していきましょう。ちょっと改善するだけで巻き爪の治療や巻き爪悪化を予防することができます。爪のトラブルや巻き爪の悩みを巻き爪ラボの情報で解消してください♪ また、当サイトでおすすめしている自宅で自分で出来る巻き爪矯正「巻き爪ブロック」もおすすめです。今すぐチェック!