看護師の女性は注意!巻き爪になりやすい3つの理由

シェアする

看護師の女性は注意!巻き爪になりやすい3つの理由

病院で医師のサポートをする看護師の仕事。それだけではなく、患者の援助や介護、患者の症状の把握や健康管理、ときには精神的なケアなども行う病院にはいなくてはならない存在です。毎日精神的にも身体的にも多忙で息つく暇もなく働いていると思います。そんな看護師の女性に気をつけてい欲しいのが足の爪トラブル、「巻き爪」です。もうすでになっている人もいるかもしれません。今回は看護師の女性が巻き爪になりやすい理由について3つご紹介します。

仕事中立ちっぱなし

仕事中立ちっぱなし
毎日忙しく働いてる看護師は仕事中ほとんど腰を下ろすことなく立ちっぱなしで動き回っている事が多いと思います。実は長時間の立ち仕事は巻き爪になる原因のひとつなのです。立ち仕事の女性におすすめの巻き爪矯正なら巻き爪ブロックの記事でもご紹介した通り、長時間立ちっぱなしでいると足に掛かる負担が大きく、指先や足の爪への圧迫力が大きくなります。それが原因で爪が変形し、巻き爪になりやすくなるのです。

できるだけ足に負担の掛からないような靴をはいたり、休みの日は十分足を休めることが大切です。

生活が不規則

シフト制で夜勤もある看護師は生活リズムが不規則になりがちです。栄養不足による体調不良も巻き爪を悪化させる理由のひとつ!の記事でご紹介していますが、生活が不規則なために睡眠が不十分であったり栄養が偏ってしまうと爪が栄養不足になり、正常に成長しなかったり変形しやすくなり、巻き爪になる可能性が出てくるのです。生活が不規則なのは仕事上仕方のないことなので変えることはできませんが、睡眠を十分取ったり、栄養バランスの整った食事を心がけることが大切です。

ストッキング

普段仕事でストッキングを履いて仕事をしていると思います。今、足を細くする着圧ストッキングが流行っていますが、このような圧迫感のあるストッキングを履いていると足先まで圧迫され足の爪の負担が大きくなります。それにより巻き爪を引き起こす可能性が出てくるのです。できるだけストッキングは足先が緩くなるように履きましょう。また、空いた時間の合間に足先のストッキングを引っ張って緩めるようにすると、負担が緩和されるのでおすすめです。

巻き爪になるその他の主な原因について知りたいならこちらの記事をチェックしましょう:

巻き爪などの足のトラブルを起こす代表的な原因を紹介しています。今すぐチェック!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は毎日忙しく働く看護師の女性が巻き爪になりやすい理由について3つご紹介しました。巻き爪は悪化すると歩行が困難になるほどの痛みを伴います。そうなる前にまずは自分で治療を始めましょう。爪のトラブルや巻き爪の悩みを巻き爪ラボの情報で解消してください♪ また、当サイトでおすすめしている自宅で自分で出来る巻き爪矯正「巻き爪ブロック」もおすすめです。今すぐチェック!

公式サイトで購入する