巻き爪ブロックの効果がなかった人に送る3つの処方箋

シェアする

巻き爪ブロックの効果がなかった人に送る3つの処方箋

当サイトでおすすめしている巻き爪矯正グッズ「巻き爪ブロック」。公的機関によって科学的に効果があると認められており、自宅での巻き爪治療に最適な商品です。しかし、巻き爪ブロックの効果が出るには巻き爪ブロックはどれくらいの期間装着すると効果が出るの?の記事でもご紹介した通り、個人差があります。巻き爪の重症度や爪の形など様々な要因があり、効果がすぐに出る人がいればすぐにはでない人もいます。そこで今回は巻き爪ブロックの効果がなかった人にその他の処方箋を3パターンをご紹介します。

巻き爪ブロックの効果がなかった人に送る3つの巻き爪治療法

巻き爪ブロックの効果がなかった人に送る3つの巻き爪治療法

コットンパッキング

コットンパッキングとは、コットンや綿棒などの綿を皮膚と爪の間に挟み爪が内側に入り込まないようにする治療法で、巻き爪の痛みを緩和させることができます。詳しいことは巻き爪と陥入爪がコットンパッキングで治るって本当?の記事でご紹介していますが、コットンパッキングは巻き爪の治療法というよりは巻き爪を悪化させないようにするための方法です。

テーピング

テーピングの治療法は、市販されているテーピングを利用して皮膚を強く引っ張ることにより爪と皮膚を離して痛みを和らげることができます。テーピングで巻き爪を治す方法と本当の効果とは?の記事でご紹介した通り、テーピングはドラックストアなどで簡単に購入することができ自宅で自分一人で行うことができるのでとても簡単です。

皮膚科もしくは巻き爪専門クリニック

巻き爪ブロックのの効果がなかった人は病院に行くことも考え方が良いでしょう。巻き爪になったら皮膚科と巻き爪専門治療院のどっちがいいの?の記事でも書いていますが、巻き爪治療で通うなら専門性のある巻き爪専門治療院がおすすめです。巻き爪ブロックで効果がないということは巻き爪ブロックで治せないほど悪化している可能性があります。その場合病院へ行って手術などして治療するほうがいいでしょう。

巻き爪ブロックのサイズ・矯正力が合ってない可能性はありませんか?

巻き爪ブロックのサイズ・矯正力が合ってない可能性はありませんか?
巻き爪ブロックは性別、年代にかかわらずどの方でもピッタリのものが見つかるように数多くのパターンを取り揃えています。

サイズはSS,S,M,Lの4種類から選べ、矯正力はノーマル、ハード、スーパーハード、ウルトラハードの4タイプと、16パターンの中から選ぶことができるので自分に合った最適な商品が見つかります。

巻き爪ブロックの効果を得ることができなかった人はもしかするとサイズや矯正力が合っていなかったという可能性があります。効果がなければ矯正力の強いタイプを選んでみたり、サイズを変えてみたりと少し変化を起こしてみることをおすすめします。また、先ほども言いましたが効果が出るには個人差があり、2〜3ヶ月で効果が出る人もいれば、半年経ってもまだ効果が出ないという人もいます。そのため長く続けることもおすすめです。3つの処方箋としてご紹介した巻き爪治療法よりも巻き爪ブロックは簡単で手軽にできる最適な巻き爪治療法です。心当たりのある方は、もう一度巻き爪ブロックを試してみてください!

巻き爪ブロックは軽度の巻き爪の方に最適は巻き爪治療法です。巻き爪ブロックの口コミ効果について気になる方はこちらの記事がおすすめです:

ネット上でも評価・評判が良い巻き爪ブロックの口コミ効果に関するよくあるQ&Aを紹介しています。今すぐチェック!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は巻き爪ブロックの効果がなかった人にその他の処方箋を3パターンをご紹介しました。巻き爪ブロックは個人差があり残念ながら効果を実感できないという人もいます。しかし、他の治療法よりも効果が出やすく信頼性のある巻き爪治療法であることは確かです。今まで使っていたタイプの巻き爪ブロックではなく違うタイプで挑戦にしてみてはいかがでしょうか?単品だと1,000円〜と安く購入できるので試して損はないと思います。気になる方は、公式サイトをチェックしましょう♪