巻き爪治療なら巻き爪ブロックを選ぶべき3つの理由

シェアする

巻き爪治療なら巻き爪ブロックを選ぶべき3つの理由

巻き爪になる原因は、サイズが合わない靴を履いているなど人それぞれです。巻き爪ケアをやろうと思ったら真っ先に思い浮かぶのが、病院や巻き爪専門クリニックでの治療。病院に通うのは面倒くさいし嫌だ! という方が大半だと思います。巻き爪は悪化して化膿や炎症をおこす前に治すのがベストです。巻き爪は生活習慣や日常生活が影響してくるので、一朝一夕で治せるものではありません。だからこそ、日常生活を送りながら巻き爪治療ができる「巻き爪ブロック」がおすすめです。ここでは、巻き爪治療に巻き爪ブロックを選ぶべき理由を紹介します。巻き爪に悩まされているそこのあなた! 今日から、本気の巻き爪ケアを始めてみませんか?

巻き爪ブロックとは

巻き爪ブロックは、化膿や炎症・出血を起こす前の軽い症状の巻き爪予防に効果的な巻き爪矯正キット。医療器具に認定されているにも関わらず、4,000円以下で購入することができる魔法の本格的な治療グッズです。大きな特徴として”自宅で手軽に自分で出来る巻き爪治療”が挙げられます。使い方はとってもかんたんです。専用の取付具を使って矯正バネを爪の両端にひっかけるだけ。あとは専用のカバーシートを貼り付ければOKです。絶対的な信頼性を持つ工業用の特殊バネを巻き爪治療用に作っているため、確実な効果を実感することができます。ネット上の口コミサイトやレビューサイトなどでも評価・評判がとても良い商品です。注意点として爪水虫や炎症・出血を起こしている爪に使うのは厳禁です。まずは使い方を動画でチェック♪


巻き爪ブロックの口コミについてはこちらの記事がおすすめ:

ネット上でも評価・評判が良い巻き爪ブロックの口コミ効果に関するよくあるQ&Aを紹介しています。今すぐチェック!

巻き爪治療で病院に通うよりコスパが良い

巻き爪治療に巻き爪ブロックがおすすめな理由としてコスパが良いという点が挙げられます。巻き爪治療って保険が適用されるの?という記事でご紹介しましたが、巻き爪治療に通うと、保険が適用された場合一般的に8,000円〜15,000円程度の出費がかさみます。初診料や交通費も含めると3万円程度の出費を覚悟しなければいけません。また保険が適用されない場合はさらに治療費が高くなります。さらに病院に通う時間や診察の時間も含めると、圧倒的に巻き爪ブロックのがお金も時間も節約することができるので巻き爪ブロックがおすすめです。※巻き爪ブロックは最大4ヶ月間、効果が持続するバネを使用しています。

自分一人で出来て痛みがない

取扱説明書をしっかりと読んで巻き爪ブロックを正しい方法で使用すれば、自分一人で巻き爪治療が出来て痛みもありません。ズキズキとした痛みが徐々に和らいでいくのを実感することができます。

選べる強度と豊富なサイズ

巻き爪は一人ひとりの人間が全員違う感性を持つように、爪の形や大きさも人それぞれです。だからこそ、全ての巻き爪に対応できるように4種類の強度(ノーマル、ハード、スーパーハード、ウルトラハード)と4種類のサイズ(SS,S,M,L)が用意されています。一度購入すれば専用の取付具はセットでついてきます。リピート購入する場合も矯正バネやカバーシートを単品で購入することができます。安価で単品で買うことができる点もおすすめポイントのひとつです。
おすすめの記事:

巻き爪ブロックを買う方法を紹介しています。今すぐチェック!

まとめ

いかがだったでしょうか。巻き爪治療に巻き爪ブロックを選ぶべき理由を紹介しました。巻き爪ブロックの良い点は、悪化する前に手頃な価格で巻き爪矯正治療を始めることができる点です。巻き爪に悩んでいる方にぜひ、使ってほしいです。まずは公式サイトをチェックしてみてください! きっとあなたの悩みを解決する手助けをしてくれます♪

公式サイトで購入する