巻き爪手術にかかるお金っていくらぐらい?

シェアする

巻き爪手術にかかるお金っていくらぐらい?

巻き爪が痛かったり気になって手術を検討する方も多いと思います。巻き爪が悪化すると陥入爪になってしまい炎症などを引き起こし、原因である肉芽を手術で取り除く対処が必要となってきます。何よりも軽度な症状の巻き爪が悪化してしまうのを未然に防ぐことが大切です。ここでは、巻き爪治療や手術が必要になった時にかかる費用と巻き爪を予防することができる「巻き爪ブロック」を紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

巻き爪手術にかかる費用

巻き爪手術にかかる費用
巻き爪手術にかかる費用は、病院や巻き爪専門医がいるクリニックで値段が異なります。巻き爪の手術は保険が適用されるため、手術自体は8,000円〜10,000円程度が一般的です。初診料や手術後のアフターケアや交通費を含めると、多めに見て30,000円程度と考えておくのがベストです。巻き爪の手術は炎症などを起こしている場合に施術するケースが多く、局部に麻酔を打ち、爪を取り除く or 問題となっている部分を焼き切る方法があります。どちらも時間はかかりませんが、麻酔が切れたあと激しい痛みを感じるケースもあります。

巻き爪治療は保険適用外になってしまうことが多いです。皮膚に何らかの施術を施す場合は保険が適用されます。爪のみに施術を行う場合は保険が適用されません。

こちらの記事も一緒にチェック:

自宅で出来る奇跡の巻き爪治療「巻き爪ロボ」の効果を紹介します。今すぐチェック!

巻き爪手術って痛いの?

巻き爪手術って痛いの?
巻き爪手術の相談ができるのは、皮膚科、形成外科、外科、巻き爪専用医がいるクリニックです。全国の巻き爪相談ができる病院はHospita.jpで探すことができます。巻き爪手術は上記で紹介したとおり麻酔を使うので、麻酔を打つ瞬間がとても痛いです。

手術を行う方は、すでに巻き爪の痛みが極限まで達しているケースが多いため、巻き爪の痛みに比べたら大したものではありません。

手術をしても巻き爪の原因は改善されない

手術をしても巻き爪の原因は改善されない
巻き爪の手術は悪化しすぎてしまった巻き爪の問題を解消する目的で行います。そのため、巻き爪が再発しないように対策する必要があります。巻き爪対策の手段として自宅で自分で手軽にできる「巻き爪ブロック」がおすすめです。

自分で出来る巻き爪対策「巻き爪ブロック」

巻き爪ブロックは、爪の性質を利用した巻き爪矯正グッズです。医療器具でありながら、3,000円〜3,900円で購入できる点が多くの男女に好評で人気を得ています。ネットショップで購入できるから、巻き爪なのを知られるのが恥ずかしいという女性におすすめの商品です。お風呂から上がった状態で専用の取付具で爪の両端にフックをひっかけるだけで、巻き爪が内側に食い込もうとするのを防ぐことができます。専用のカバーシートをつければ巻き爪ブロックをつけたまま、日常生活を送ることができます。

巻き爪ブロックの効果は最大4ヶ月継続します。カバーシートは10枚しか入っていないため、10枚700円のカバーを2セット一緒に買うことをおすすめします。

公式サイトで購入する


いかがだったでしょうか。巻き爪手術にかかる費用を紹介しました。巻き爪手術に至ってしまう前に巻き爪ブロックで巻き爪予防をしてみてはいかがでしょうか。爪のトラブルや巻き爪の悩みを巻き爪ラボの情報で解消してください♪ ここで紹介した情報が巻き爪に悩む多くの男女の参考になれば幸いです。