重症な巻き爪の症状とおすすめの矯正治療法

シェアする

メガホンを持つ女性

痛みを伴う重症な巻き爪に悩んでいる人は意外と多いです。軽い巻き爪になった時点で何らかの治療を施していればよかった、と後悔している人も多いのではないでしょうか。そんな時、爪の矯正をするために手っ取り早く手術をしようと考えている人もいると思いますが、本当に手術を選んで大丈夫ですか?即効性がある点では非常に大きなメリットですが、持続せずに何度も手術をする羽目になる場合もあります。そこで今回は、重症な巻き爪の症状とおすすめの矯正治療法を紹介します。

重症な巻き爪の症状

重症な巻き爪は陥入爪と呼ばれ、巻き爪よりも皮膚に食い込んだ痛みを伴う爪のことをいいます。悪化すると周りの皮膚に細菌が広がり、腫れたり出血したり化膿したりとかなりの痛みを伴う肉芽腫になることもあります。陥入爪になる原因は、遺伝的な要因もあると言われていますが、日頃の生活や環境が大きな要因です。足のサイズに合わない靴を履いている、仕事でずっと立ちっぱなし、運動不足などが原因で巻き爪になり、放っておくと陥入爪になってしまいます。そうなると、自力で爪を治療することは難しくなり病院に行って治療してもらうか、矯正器具を使って治すかしなければなりません。重症な巻き爪の治療方法は多く存在し、陥入爪に効く市販の矯正器具の種類も多くの会社から販売されていますし、病院でもワイヤー治療やフェノール法、ガター法など治療は様々です。そのため、貴女の性格や治療にかかる費用、ライフスタイルなど総合的に判断してあなたにとってベストな治療法を見つけることが大切です。

治療法は病院で手術?

今すぐ重度な巻き爪を治療したいなら、巻き爪専門治療院や皮膚科や整形外科など巻き爪専門医のいる院で手術するのが最もおすすめです。陥入爪のような重度な巻き爪でも手術を行えばすぐに治る可能性が高いです。通常1,2ヶ月かかる治療も2週間ほどで爪が元の状態に戻るので即効性が高いです。一方で、治療費が1回10,000円から30,000円ほどかかる上に何度も病院に通う必要があるケースもあります。忙しい人やお金に余裕がない人、手術は怖いと感じる人には、あまりおすすめしません。陥入爪でも病院で手術せずに簡単に自宅で矯正することができる矯正治療法はないのでしょうか?

原則、巻き爪に対する処置だけでは保険が適用されません。皮膚にも何らかの施術をしなければいけないぐらいまで巻き爪が悪化してないと保険が適用されません。

おすすめの矯正治療法

巻き爪ロボ
重症な巻き爪でも自宅で簡単に矯正することができる、おすすめの矯正器具は「巻き爪ロボ」です。巻き爪ロボは一般医療機器でお風呂に入りながら爪を軟化させて外側に広げる効果を期待できます。外側に広がった爪をドライヤーで自然に固める作業を毎日繰り返すことで、長年悩み続けた巻き爪を改善することができます。内側に深く食い込んだ重症な巻き爪を治すなら巻き爪ロボをチェックしましょう! まずは、巻き爪ロボの公式サイトをチェック!

公式サイトで購入する

まとめ

いかがだったでしょうか。重症な巻き爪は、病院や巻き爪クリニックで施術を行うか、巻き爪ロボのような矯正力が高い巻き爪改善グッズで早期改善をする必要があります。巻き爪ロボを毎日使えば重症だった巻き爪も改善の方向に向かっていきますよ。