巻き爪になりかけの状態を悪化させずに予防する極意

シェアする

ガッツポーズをする女性

気づけば爪が内側に巻き込んできていて、もしかして巻き爪になっているかも。巻き爪は悪化しすぎると出血や痛みを伴う陥入爪になるので、巻き爪になりかけと感じた時に悪化させないで予防することがとても重要と言えます。そこで今回は、巻き爪になりかけの状態を悪化させずに予防する極意を紹介していきます。巻き爪になってしまうとサンダルや海の季節に足を出すのが嫌になってしまいます。スタイルが良くても足の爪が汚かったらマイナスポイントですよ。早期の巻き爪予防が重要です。

巻き爪になりかけの状態を予防する極意

巻き爪になりかけの状態を予防する極意を紹介していきます。巻き爪が進行する原因になる習慣を辞めること、そして自宅で手軽に利用できる巻き爪矯正グッズを利用することをおすすめします。

サイズが合わない靴を履かない

サイズが自分に合わない靴を履くことで巻き爪を悪化させてしまいます。ヒールやパンプスなどの先が尖っていて足にプレッシャーをかけるシューズの履く頻度を下げると良いでしょう。ペッタンコの靴でも女性らしさを存分に演出できるファッションなどを研究することで足にストレスをかけずにオシャレができるようになります。また、男性もサイズの合わない窮屈な靴を履いていると爪が圧迫されてなりかけの巻き爪を悪化させてしまいます。

シューズアドバイザーがいる靴屋さんで靴を新調してみてください!

深爪しないでスクエアカットを心がける

爪が内側に巻いてきているから思い切って深爪して爪の両端まで落としたくなる気持ちはとても分かります。しかし、深爪をすると歩行時に地面からの圧力で皮膚が盛り上がってそれをカバーするために爪が内側に丸まりやすくなると言われています。爪を切る時は角を残すスクエアカットを心がけるようにしましょう。伸びた爪を全て切り落としたくなる気持ちは分かりますが、深爪は厳禁です。なりかけの巻き爪をさらに悪い状態に悪化させてしまいます。

運動を取り入れる

ハードな運動は爪にインパクトを与えてしまいますが、適度な運動を行うことで足の爪が内側に丸まってしまうのを防ぎます。寝たきりの老人やオフィスワークの人は歩く機会が少なくなるので、巻き爪の進行が早くなる傾向にあると言われています。運動不足だと感じるなら自宅の駅の一駅前で降りて、ウォーキング時間を確保しましょう。

巻き爪ブロックでなりかけの巻き爪を予防


巻き爪ブロックでなりかけの巻き爪を予防することができます。巻き爪ブロックは3千円台で購入できる安価なグッズですが、一般医療機器として販売されているので安全性と効果は折り紙付きです。巻き爪ブロックは工業用バネの力で内側に巻き込む爪を外側に治してくれるグッズです。靴を履きながらセッティングできるグッズなのでお風呂以外、ずっとつけ続けることができます。まずは公式サイトでチェックしてみてください。

公式サイトで購入する

まとめ

いかがだったでしょうか。巻き爪になりかけの状態を悪化させずに予防する極意を紹介しました。基本的なことを守りながら巻き爪を改善していくことが重要です。巻き爪の原因になる生活習慣を辞めて巻き爪ブロックをライフスタイルに取り入れてみてください。なりかけの巻き爪を予防することができます。足を見せるのが恥ずかしいレベルの巻き爪になる前に巻き爪ブロックを利用してみてください!