巻き爪を治すなら病院での治療法と自力で治す方法を比較

シェアする

巻き爪を治すなら病院での治療法と自力で治す方法を比較

当サイト「巻き爪ラボ」では、巻き爪になる原因や様々な巻き爪の治し方を紹介しています。自宅で出来る巻き爪治療には「巻き爪ブロック」をおすすめしています。自宅治療にせよ病院に行くにせよ、もっとも大切なことは巻き爪に悩まされない快適な毎日を送ることが大切です。ここでは、病院での治療法と自力で巻き爪を治す方法を比較して紹介します。今すぐチェック!

病院での治療法

病院での治療法
病院は様々な種類の治療が存在します。巻き爪の診察や手術は何科で診察してもらえばいいの?という記事で紹介していますが、病院治療はもっとも高くて3万円程度の費用が必要になりますが、1日で手術が終わるケースも多いです。また、手術でなく継続的な通院が必要なライトコースの巻き爪改善治療法もあります。病院治療のメリットは、病院にいけば勝手に先生が治療を施してくれる点です。逆にデメリットは、通院時間や治療費用など時間とお金の浪費がもっとも大きなデメリットと言えます。
正しい歩き方もしっかりと理解することが巻き爪予防や巻き爪の悪化を未然に防ぐことにつながります。

早期の巻き爪予防はとても大切です。40代になってもキレイな爪でいられるために巻き爪にならない歩き方を理解しましょう。今すぐチェック!

自力で治すなら巻き爪ブロック

自力で治すなら巻き爪ブロック
当サイトでも紹介していますが、巻き爪を治す方法にコットンパッキング絆創膏ケアなどが存在しますが、あくまでこれらの治療法は巻き爪をさらに悪化させないことに重点を置いています。自力で巻き爪を治すなら「巻き爪ブロック」がおすすめです。

巻き爪ブロックなら工業用バネの効果で巻き爪改善

巻き爪ブロックは、認定機関から医療器具として認められており巻き爪治療の効果が期待できます。工業用バネを使用しているため、爪にひっかけるだけで内側に巻き込んだ爪を外側に矯正できます。さらに巻き爪ブロックを装着したままでも日常生活を送ることができます。スマホさえあれば、3,000円から始めることができる巻き爪ブロックを今すぐお試しください!

公式サイトで購入する

まとめ

いかがだったでしょうか。病院での治療法と自力で治す方法を比較しました。それぞれにメリットとデメリットが存在します。巻き爪の早期予防と手術が必要なまで悪化させないことが大切です。当サイトでおすすめしている自宅で自分で出来る巻き爪矯正「巻き爪ブロック」もおすすめです。
巻き爪ブロックの特徴や正しい使い方などはこちらの記事を確認してください。

ネット上でも評価・評判が良い巻き爪ブロックの口コミ効果に関するよくあるQ&Aを紹介しています。今すぐチェック!