巻き爪の診察や手術は何科で診察してもらえばいいの?

シェアする

巻き爪の診察や手術は何科で診察してもらえばいいの?

遺伝や深爪、体重の増加、栄養不足などさまざまな要因で巻き爪は起こります。巻き爪になったときは早めの治療が肝心です。巻き爪を放置して治療を怠っていると、次第に痛みを感じるようになり周りの皮膚に爪が食い込み「陥入爪」という化膿や腫れを伴う状態に悪化します。そうなる前に治療しておくといいのですが、いつの間にか痛みを伴う巻き爪になってしまっていた時、診察や手術をするには何科に行けばいいのでしょうか?そこで今回は巻き爪の診察や手術に適した専門科について紹介します。

巻き爪は皮膚科で診察してもらおう

巻き爪は皮膚科で診察してもらおう
爪は栄養不足による体調不良も巻き爪を悪化させる理由のひとつ!の記事でもお伝えしたように、ケラチンというタンパク質で作られており、皮膚が変形したものです。そのため、皮膚科に行くと良いでしょう。その他、巻き爪の症状がひどすぎる場合は形成外科や整形外科を受診することもおすすめします。巻き爪治療って保険が適用されるの?の記事でもご紹介していますが、痛みや出血を伴い化膿や腫れが酷い状態の巻き爪は多くの場合、保険が適用されます。あまり医療費がかからずに治療することができます。また、巻き爪の手術についても保険が適用され、1回の手術が8,000円〜10,000円という価格帯となっています。

ただし、ワイヤーなどを使った治療になると保険適用外となるので初診で診察してもらう時は8,000円〜15,000円ほどかかり、巻き爪が治るまで通院しなければならなりません。その度に診療代が3,000円ほどかかってしまうのでトータル的にはコストが高くなります。

皮膚科の他に、巻き爪専門治療院で診療してもらうという選択肢もありますよ!

皮膚科と巻き爪専門治療院のどっちが巻き爪治療に効果的なのかを紹介します。

手術や診察を受ける前にまずは自分で治療しよう

手術や診察を受ける前にまずは自分で治療しよう
皮膚科などの病院で巻き爪の手術や診察を受けて巻き爪を治療すると、トータルで20,000円〜30,000円ほどかかります。しかし、病院に行きたくないという人、病院に行く暇がない人は「巻き爪ブロック」という巻き爪矯正グッズを利用した巻き爪治療法があります。当サイトがおすすめする「巻き爪ブロック」は3,000円から始めることができ、1度買うと4ヶ月ほど持つのでとてもコストパフォーマンスがいいです。また、2回目以降単品購入をすれば、1,000円で購入することができ、かなり安いです。それだけではなく、巻き爪ブロックはわざわざ病院に診察しに行かなくても自宅で簡単に自分一人で治療することができ、手間や時間はかかりません。巻き爪ブロックの正しい使い方をマスターすれば1分もかけずに使うことができるのです。信頼性も高く、公的機関によって科学的に効果があると認められている「医療器具」です。
巻き爪ブロックの口コミ効果が気になるならこちらの記事がおすすめ

ネット上でも評価・評判が良い巻き爪ブロックの口コミ効果に関するよくあるQ&Aを紹介しています。今すぐチェック!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は巻き爪の診察や手術に適した専門科についてご紹介しました。巻き爪で痛い思いをしているのならまず、皮膚科で診てもらいましょう。ただ、診てもらう時間がない人や病院に行きたくないという人は巻き爪ブロックで巻き爪を治療することができます。