深爪は巻き爪の原因になるの?巻き爪のメカニズムと改善策

シェアする

仲良し夫婦

足を深爪することで巻き爪の原因につながると昔から言われています。多くの人は巻き爪に自分は縁遠い、巻き爪にならないと感じています。しかし、実際に慢性的な巻き爪に悩まされている人や巻き爪予備軍を含めると日本に1,000万人以上いると言われています。そこで今回は、なぜ不可付をすると巻き爪の原因につながるのかを科学的なメカニズムと共に改善策を紹介していきます。巻き爪になるとおしゃれなサンダルや立ち仕事に支障をきたす恐れがあります。巻き爪に気づいた今日から対策を始めるべきです。

深爪が巻き爪の原因になる理由

深爪は巻き爪の原因になります。なぜなら、歩行時に足の指には体重の数倍以上のインパクトがかかります。爪があることによって歩行でかかるインパクトに抵抗する役割を持ちます。しかし、慢性的に深爪になった状態で歩行していると地面を蹴る時に受ける地面からのインパクトに抵抗できなくなり、爪の下の皮膚の柔らかい組織が上方に盛り上がり続けることになります。これが原因で爪が内側に巻いてしまうようになります。

爪が巻いてしまう原因は、歩行時のインパクトのかかり方が関係しています。筆者も深爪すると次に爪を切るまでの期間が長くなるので、深爪にしてしまいがちですが、最低限歩行時のインパクトに抵抗できるだけの爪を残すように心がけています。

巻き爪ブロックで巻き爪の進行を防ぐ

巻き爪ブロック
巻き爪ブロックで巻き爪の進行を防ぐことができます。爪の両端にフックを引っ掛けることで物理的に爪が内側に巻いてしまうのを防ぐことができます。医療機器の認可を取得している上に工業製品で使用するレベルの耐久性抜群のバネを使用しているので、長期間にわたって利用できます。さらに付属のテープを爪に貼れば、靴下にバネが引っかかることなく巻き爪ブロックをつけたままで日常生活を送ることができます。まずは、奇跡の巻き爪改善効果を期待できる巻き爪ブロックの公式サイトをチェックしましょう!

公式サイトで購入する

まとめ

いかがだったでしょうか。深爪が巻き爪の原因につながる理由を紹介しました。巻き爪は軽度な状態から対策していくことが効果的です。進行しすぎた巻き爪は見た目も悪くなってしまうので、人前で足を出すことに抵抗を感じるようになってしまいます。当然、おしゃれなサンダルを履くことにも抵抗感を感じますし、男性でもハーフパンツやサンダルを履くことに若干のためらいを感じると思います。今回、紹介した自宅で出来る安価な巻き爪改善グッズの巻き爪ブロックを活用して巻き爪を治しましょう!