巻き爪などの足のトラブルを起こす代表的な原因とは

シェアする

巻き爪などの足のトラブルを起こす代表的な原因とは

巻き爪などの足のトラブルを起こす代表的な原因を理解することは、巻き爪や陥入爪・外反母趾などの足のトラブルを未然に防ぐことにつながります。原因を理解して生活を見直すことで巻き爪などのトラブルを改善することにつながります。

足のトラブルを引き起こす原因とは?

足のトラブルを引き起こす原因とは?

巻き爪は両親からの遺伝が関係する

両親の遺伝が巻き爪に関係しているといわれることがあります。しかし、両親からの遺伝が外反母趾や巻き爪の原因につながるという研究結果は見つかっていません。そのため、両親や身内に巻き爪や外反母趾などの足のトラブルで悩まされている人がいるからといって巻き爪や外反母趾になるというわけではありません。しかし、遺伝が原因でないという研究結果も出ていませんので、自分も巻き爪になるかも知れないという考えを持って対策することは大切です。

体重が重すぎると巻き爪になりやすい

巻き爪を治すにはカラダのバランスを整えることも大切!という記事でも紹介しましたが、体重の重さは巻き爪のなりやすさと大きな関係性があります。体重が重すぎると足に過度の負担がかかり、巻き爪になりやすくなります。また、爪はタンパク質で構成されているので内側に曲がりやすい性質があります。日頃歩くことで形状を維持していますが、オフィスワークばかりで歩く機会が少ないと巻き爪になりやすいです。

靴のサイズが合っていない

3.靴のサイズが合っていない
足に合わない靴が巻き爪の原因を作ることは多くの方が知っていると思います。小さすぎず大きすぎず足に合ったサイズの靴を履くのがベストです。歩いていると足が痛む、足が疲れやすい、足がむくみやすくなる靴などは足にストレスがかかり巻き爪の原因となるので自分に合ったサイズの靴を選ぶ必要があります。

深爪をしている

深爪は一時的に巻き爪の痛みから開放されますが、長期的な視点でみると巻き爪を悪化させることにつながります。それに伴い、スクエアオフという爪の切り方も一般的になってきました。ただ爪を切るだけでなく爪の端の部分を少し丸めるように切ることで爪の強度を上げます。それにより爪の強度が高まり爪にかかる負担を抑え巻き爪を改善することができます。
おすすめの記事:

巻き爪と陥入爪はコットンで治ると言われることがあります。ここでは、その真偽を紹介します。今すぐチェック!

まとめ

いかがだったでしょうか。巻き爪などの足のトラブルを起こす主な原因を紹介しました。これ以外にも様々な要因があります。大切なことは健康的な日常を送ることです。少しでも巻き爪の症状が出たら当サイトで紹介している巻き爪ケアグッズ「巻き爪ブロック」も併用して対策してみてくださいね。

公式サイトで購入する