炎症を起こした巻き爪の対処法だったら巻き爪ブロック!

シェアする

炎症を起こした巻き爪の対処法だったら巻き爪ブロック!

炎症を起こした巻き爪は「巻き爪のもっとも悪化した状態」に近いです。ここでは、炎症を起こした巻き爪の対処法を紹介します。

巻き爪と陥入爪の違いとは

巻き爪と陥入爪の違いとは
巻き爪は、軽度な症状で皮膚に食い込む前の状態を指します。巻き爪は遺伝などが関係するとも言われますが、日常的に歩く動作が少ないオフィスワークの人などが起きやすい傾向にあります。

爪は内側に曲がりやすい性質があり歩くことにより、一定の圧力を下からかけることにより爪が内側に曲がらないようにしています。

反対に「陥入爪」は簡単にまとめると、爪が巻かれて深く皮膚に食い込んだ状態を指します。巻き爪が気になって深爪をしてしまい、いびつな爪の形になった状態で巻き爪が進行し「陥入爪」になります。巻き爪が進行している方は、「巻き爪」「陥入爪」が同時に発症している方が多いです。巻き爪を事前に予防したり、治すには巻き爪ブロックがおすすめです。巻き爪治療なら巻き爪ブロックがおすすめ!という記事で巻き爪ブロックについて詳しく紹介しています。

炎症を起こした巻き爪の対処法

陥入爪が悪化して皮膚に激しく食い込み、化膿・炎症を起こします。さらに放置すると出血が伴う状態を引き起こします。可能しているので嫌な臭いが発生します。さらに足の指が不衛生な状態に保たれてしまうので、水虫や爪水虫の原因にもつながってしまう可能性があります。炎症を起こしてしまうレベルまで巻き爪・陥入爪が悪化してしまったら、残念ながら早急な対処が必要となるので専門の治療院・病院で治療方法を相談することが賢明です。しかし、ここまで悪化させてしまうのは、自己管理ができていない方が大半です。まず、巻き爪が気になったら当サイトで紹介している「巻き爪ブロック」や「巻き爪ロボ」で巻き爪の対処をしましょう。軽い巻き爪の人は「巻き爪ブロック」重度で症状が重い人は「巻き爪ロボ」がおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。炎症を起こした巻き爪の対処法を紹介しました。巻き爪だけでなく病気や肥満は、気づいたらすぐに対処することが大切です。特に足の爪は日常生活において重要な機能を持つ身体の一部です。足が痛いと仕事やプライベートにも支障をきたしてしまいます。そうならないように爪を切る時に巻き爪になっていないか、深爪をしすぎていないかをチェックするようにしましょう。爪のトラブルや巻き爪の悩みを巻き爪ラボの情報で解消してください♪ また、当サイトでおすすめしている自宅で自分で出来る巻き爪矯正「巻き爪ブロック」もおすすめです。今すぐチェック!