巻き爪の切り方に関するよくある口コミQ&A

シェアする

巻き爪の切り方に関するよくある口コミQ&A

巻き爪になっている方が間違った爪の切り方をしてしまうと「陥入爪」に発展してしまいます。激痛を伴う巻き爪の人は大半が「陥入爪」も併発しています。足の爪は健康的な生活を送るのに重要な部位で、正しい爪の切り方を理解することが大切です。ここでは、巻き爪の切り方に関するよくある口コミQ&Aを紹介します。

正しい爪の切り方は?

爪の正しい切り方
爪は横にまっすぐ切るようにしましょう。(スクエアカット)爪の角は靴下などにひっかからないよう滑らかに。そして、爪の先端と指の皮膚部分の先端が同じ高さになるようにすることが大切。切り終わったら爪が滑らかになるように「やすり」で磨くようにします。巻き爪になる人の多くが”爪の正しい切り方を意識していない”という方が多いです。※伸ばし過ぎの爪は、爪割れによる深爪や衛生的にもよくありません。爪の先端と指の皮膚部分の高さが同じになるような高さをおすすめします。

巻き爪の正しい爪の切り方は?

巻き爪の正しい爪の切り方は?
巻き爪になってしまったら上記で紹介した方法で爪を切るようにしましょう。巻き爪は、歩き方などにも原因があります。一朝一夕で治るものではないので、正しい爪の切り方を習慣にするようにしましょう。巻き爪傾向があるかなと感じる方は、痛い巻き爪の治し方なら巻き爪ロボと巻き爪ブロックで矯正治療という記事で紹介している巻き爪矯正器具を使ってみましょう!お金と時間を節約しながら巻き爪対策を自宅で一人で出来ます!
一緒にチェック:

巻き爪ブロックの本当の効果を紹介します。今すぐチェック!

深爪は巻き爪の原因になるの?

深爪は巻き爪の原因のひとつになります。深爪が好きという方は少なくないと思います。筆者も深爪は好きです。爪を切る頻度を少なくしたい、深爪をした方が気分が良い……などの理由で深爪をする方もいると思います。深爪は日常生活で爪がない指の部分に力がかかってしまい皮膚に爪が食い込むことを助けてしまいます。巻き爪傾向がある方が深爪をすると「陥入爪」にもつながる可能性があります。

巻き爪になっている人は「深爪」にもっとも注意するようにしましょう。深爪をすると爪が皮膚に食い込むスピードを早めることにもつながります。

まとめ

いかがだったでしょうか。巻き爪の切り方に関するよくある口コミQ&Aを紹介しました。巻き爪対策は日々の手入れがとても大切です。爪のトラブルや巻き爪の悩みを巻き爪ラボの情報で解消してください♪ また、当サイトでおすすめしている自宅で自分で出来る巻き爪矯正「巻き爪ブロック」もおすすめです。今すぐチェック!