痛みを感じる巻き爪の原因を完全追求!巻き爪バイブル

シェアする

痛みを感じる巻き爪の原因を完全追求!巻き爪バイブル

痛みを感じる巻き爪って辛いですよね。重度・軽度を問わずに巻き爪の症状を持つ女性は10人に1人と言われていますが、痛みを感じる巻き爪を患わっている人は、ごくわずかだと思います。痛みを感じるぐらいまで悪化してしまうと、巻き爪ロボ巻き爪ブロックのダブルケアが効果的といえます。しかし、できるなら痛みを感じる前に予防したいのが本当の所ですよね。ここでは、まだ痛みを感じていない方のために痛みを感じる巻き爪に発展してしまう原因を紹介します。

なぜ痛みを感じるのか

なぜ痛みを感じるのか
巻き爪で痛みを感じる原因はかんたんです。爪が皮膚に食い込み圧迫されるからです。圧迫した状態でさらにサイズが合わない靴や足を酷使する状態が続くと、炎症や出血を伴う巻き爪に発展します。この状態になると「陥入爪(かんにゅうそう)」を併発していることが大半です。多くの場合、巻き爪が悪化した後に深爪をすることで皮膚に食い込むスピードが加速してしまいます。巻き爪になったら深爪は絶対に厳禁です!!

巻き爪の原因とは

巻き爪の原因とは
巻き爪は、「サイズに合わない靴を履き続ける」「遺伝」「運動する習慣がない」「必要以上に足を酷使し続ける」ことが原因で起きる可能性が高くなります。運動する習慣がないだけで巻き爪になるの? と思う方が多いと思いますが、爪の性質として内側に曲がり込む特徴があります。歩くことで足の下から圧がかかり爪が内側に曲がるのを防ぐ役目があります。そのため、オフィスワーク中心で生活に運動も取り入れていない働き盛りの男女、子育て中で家にいることが多い女性も巻き爪になる可能性が高まります。

巻き爪予防で大切なことは、巻き爪に気づいた段階で当サイトで紹介している巻き爪ブロックで対策することが重要です!

巻き爪は気づいた時に早期対策が重要

巻き爪は気づいた時に早期対策することがもっとも重要です。まだ痛くないしそこまで気にならなくて巻き爪を放置するケースも多いですが、巻き爪に気づいて放置することはおすすめできません。巻き爪は色々な原因で悪化してしまいます。巻き爪の対策としておすすめなのが、巻き爪ブロックです。痛みを感じる前に巻き爪を矯正治療することにより、治すことがかんたんになります。当サイトおすすめの巻き爪矯正グッズをチェックしてみてくださいね!