巻き爪を治すにはカラダのバランスを整えることも大切!

シェアする

巻き爪を治すにはカラダのバランスを整えることも大切!

身近にあるもので巻き爪を治そうと思ったらコットンパッキングを思い浮かべると思います。しかし、巻き爪と陥入爪がコットンパッキングで治るって本当?という記事でご紹介した通り、コットンパッキングはその場しのぎの対策でしかなく、根本的に治す方法ではありません。巻き爪を本当に治したいなら根本的な治療が必要です。巻き爪を根本から治す方法のひとつに、カラダのバランスを整えるという方法があります。外反母趾や巻き爪(陥入爪)を改善するならカラダ全体のバランスを整えることがとても大切なのです。

からだにかかる重さは足に集中する

からだにかかる重さは足に集中する
巻き爪などの足のトラブルを起こす代表的な原因とはの記事でご紹介した通り、体重が重いことは外反母趾や巻き爪などの足のトラブルを起こすひとつの原因となります。体の重さはすべて足に集中するので足にかかる負担が大きいです。そのことが巻き爪などを引き起こしてしまう可能性を高くするのです。逆に、オフィスワークや寝たきりの老人など日常的に歩く機会が少ない人は足への負担が少なすぎて巻き爪になりやすいという研究結果があります。巻き爪を治すには男性も女性も身長に合わせた適正体重をキープすることと、ウォーキングなど適度な運動をすることが大切です。
おすすめの記事:

痛みを感じる巻き爪の原因を詳細に紹介しています。今すぐチェック!

そもそも巻き爪ってなに?

巻き爪ってなに?
巻き爪は変形した爪の外側が指の筋肉に当たり圧迫され炎症を起こした状態をいいます。巻き爪を放置してしまうとさらに爪に筋肉に食い込み出血を伴ってきます。爪が巻き込んだ状態を「巻き爪」指に爪が食い込んだ状態を「陥入爪」と理解すると分かりやすいと思います。大切なのは、巻き爪になる原因を理解して巻き爪を治すことに集中することです。

巻き爪になる原因は足の歪みも関係している

巻き爪は外反母趾と共通する部分が多く、巻き爪の足は歪みがあるケースが多いです。足の爪には指の保護をする役割がありますが、その他にも足に大きな負担がかかっても耐えられるようにする役割もあります。足に歪みがあると均等に負担がかからなくなり巻き爪になってしまいます。親指に巻き爪が多い理由として、足が歪んでいると親指でサポートすることが多くなってしまうからです。巻き爪を治すには巻き爪ブロックで保護しつつ、健康的な生活を送りカラダのバランスと足の歪みを治す必要があります。足の歪みは骨盤などにも関係してきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は巻き爪を治すにはカラダのバランスを整えることも大切という内容をご紹介しました。巻き爪の原因は足の歪みも関係しているのでカラダのバランスを整えることはとても大切なことです。ただ足の歪みを直しつつ、巻き爪も治していくと巻き爪の予防にもつながります。巻き始めている爪をさらに内側に巻き込まないようにするためにも「巻き爪ブロック」で対策することも大切です。

公式サイトで購入する