絆創膏で巻き爪が治るの?絆創膏で巻き爪を治す時のポイント

シェアする

絆創膏で巻き爪が治るの?絆創膏で巻き爪を治す時のポイント

足の爪が内側に入りこんだ状態の巻き爪は痛みを伴わない軽度な症状と痛みや腫れを伴う重度な症状があります。酷い時には歩くことが困難になることもある、恐ろしい足の爪トラブルのひとつです。そうなる前に巻き爪で悩んでいる方は治しておくべきです。自分で簡単にできる巻き爪治療には、テーピング法コットンパッキング法が有名ですが、今回は絆創膏を使った治療法をご紹介します。

絆創膏で巻き爪を治す方法

自宅にテーピングやコットンがないという人はいるかもしれませんが、絆創膏がないという人はいないですよね。自宅にあるもので簡単に治療することができるとてもおすすめな方法が絆創膏を使った治療法です。用意するものは絆創膏とハサミだけです。

  • 絆創膏を折って、ハサミで切れ込みを入れる。
  • 絆創膏の切れ込み部分を巻き爪に引っ掛けて貼り付ける。
  • 全体的に絆創膏を引っ張りながら貼り付けて完成。

誰でも簡単にでき、慣れれば十数秒で完成することができます。

絆創膏を使う時のポイント

絆創膏を使う時のポイントは、強度を強くしようとして引っ張り過ぎないことです。引っ張り過ぎると爪が締め付けられて巻き爪を悪化させる可能性があります。また、血液が循環しにくくなって青白くなる可能性もあるので適度な加減で貼るようにしましょう。絆創膏を使った治療法だと、ガーゼがある部分を爪に当てるのでクッション性があり、衛生的にもいいです。一度試してみましょう!

ただし、絆創膏を使った方法は巻き爪を治す効果はありません。これは巻き爪の症状を一時的に緩和させる方法です。また、汗をかいた時は外れやすいので気をつけましょう!

巻き爪を治すための治療法は?

巻き爪の痛みを緩和させる方法ではなく治す方法として有効なのが「巻き爪ブロック」です。巻き爪ブロックは公的機関によって巻き爪の治療に効果があると実証された信頼性の高い巻き爪矯正グッズで、医療機器としても認可がおりており非常に高い効果が期待できる治療方法です。使い方もとても簡単で、バネを爪に引っ掛けるだけです。詳しい使い方については巻き爪ブロックの正しい使い方のコツの記事を参照ください。

公式サイトで購入する

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は絆創膏で巻き爪を治す方法とそのポイントについてご紹介しました。絆創膏はどの家庭にもあるアイテムですよね。ハサミと絆創膏だけで巻き爪の痛みを緩和させることができます。ただし、治すことはできません。根本的な治療には「巻き爪ブロック」がおすすめですよ!爪のトラブルや巻き爪の悩みを巻き爪ラボの情報で解消してください♪ また、当サイトでおすすめしている自宅で自分で出来る巻き爪矯正「巻き爪ブロック」もおすすめです。今すぐチェック!