巻き爪ブロックで巻き爪矯正に失敗する3つの理由

シェアする

巻き爪ブロックで巻き爪矯正に失敗する3つの理由

巻き爪ブロックは、自宅で自分で手軽に出来る巻き爪矯正器具です。専門機関から医療器具としてのお墨付きを受けているため、自宅で使っても安心安全な巻き爪治療が一人でできます。ここでは、巻き爪ブロックで巻き爪矯正に失敗する3つの理由を紹介します。巻き爪ブロックを購入する前に一緒に学んで巻き爪ブロックの効果を最大限発揮させましょう! 巻き爪を解消することでサンダルもより綺麗に履くことができます。また、気持ちもポジティブになること間違いなしです。

巻き爪ブロックで巻き爪矯正に失敗する3つの理由

巻き爪ブロックで巻き爪矯正に失敗する3つの理由

正しい使い方をしていない

巻き爪ブロックの正しい使い方をしないと巻き爪矯正に失敗してしまいます。巻き爪ブロックの効果を最大限まで高めるには、正しい使い方をすることがまず第一に大切です。巻き爪ブロックの正しい使い方のコツという記事で巻き爪ブロックの正しい使い方を紹介しています。

巻き爪ブロックの正しいサイズを選ぶことも重要です。巻き爪ブロックのサイズの選び方と購入のポイントという記事で巻き爪ブロックのサイズの決め方などを紹介しています。

バネが弱くなった巻き爪ブロックを使い続けている

バネが弱くなった巻き爪ブロックを使い続けていることも巻き爪矯正に失敗する要因となります。巻き爪ブロックは、工業用バネを使用していますが最大でも4ヶ月しか爪を外側に広げる効果を持続できません。巻き爪ブロックはどれくらいの期間装着すると効果が出るの?という記事で巻き爪ブロックの装着期間を詳しく紹介しています。

巻き爪ブロックを使ってもサイズが合わない靴を履くならNGという記事で紹介していますが、最短で巻き爪を矯正したいなら毎月巻き爪ブロックを変えるのもおすすめです。

巻き爪ブロックで治せないぐらい進行してる

巻き爪ブロックで治せないぐらい進行していると大きな効果を期待することができません。極端に内側に巻き込んだ状態から巻き爪ブロックを装着してもダメです。巻き爪ブロックは軽度の巻き爪治療に最適!という記事でも紹介していますが、巻き爪ブロックは早期予防が大きな効果を発揮します。

まとめ

いかがだったでしょうか。巻き爪ブロックで巻き爪矯正に失敗する3つの理由を紹介しました。ここで紹介した情報をしっかりと守れば巻き爪ブロックの効果を高めることができます。爪のトラブルや巻き爪の悩みを巻き爪ラボの情報で解消してください♪ また、当サイトでおすすめしている自宅で自分で出来る巻き爪矯正「巻き爪ブロック」もおすすめです。今すぐチェック!